病院内でwifiスポットを探す方法を説明します

2020年に東京オリンピックが開催されますが、その際は多くの外国の方がいらっしゃるはずです。そのときに間違いなく問題になると予想されているのがwifiスポットです。wifiとは通信種類のひとつですが、現在最も身近な例としてはスマートフォンの接続があります。本来、スマートフォンは大手キャリアやMVNOの通信会社の通信設備を使って通信をするものです。このときに通信しているのは通信会社の回線ですが、wifiはこの回線を利用するのではなく通信回線がつながっている基地と無線でつなげる方式です。この方式のメリットはデータ通信量に影響せずにスマートフォンを利用できることです。理由は通信回線を使っているのではなく無線を利用しているからです。ですから、その基地を見つけられるならデータ通信量を気にせずにスマートフォンを利用することができます。

wifiを利用するにはスポットを探すことです。

自宅に通信回線が引かれているならほとんどの人は既にスマートフォンをwifiで使っているはずです。新しいスマートフォンは設定する際にほとんど自動的にwifiをつなげていることが多いからです。ですから、外出先でもwifiを使うことが当たり前になっている人も多いはずです。wifiを利用するにはスポットを見つける必要がありますが、これも今のスマートフォンは自動的に探すように設定されていることが多くあります。ですから、知らないうちにwifiを使っていたという人もかなりいます。おそらく多くの商業施設なそのような環境になっています。ビジネス上の発想で商業施設の多くはwifiスポットを提供していますが、商業施設以外でもwifiを利用したいと考える人もいます。なにしろ通信代金が発生しないのですから当然です。

病院でwifiを使う方法をご紹介します

商業施設は自動的にwifiを利用できることが多いですが、商業施設でない場合は自分で探す必要があります。例えば、病院では患者さんに悪影響を与えることもありますので商業施設のように率先してwifiを使えるようにはしていないのが普通です。患者さんの中にはペースメーカーなどを体内に入れている人がいますが、無線が悪影響を与えることがあるからです。ですが、病院においてもwifiを利用したいと考える人もいます。そのようなときは自分でwifiスポットを探す必要がありますが、大まかに2つの方法があります。一つは通信会社のサイトでスポットを提供しているかどうかを確認する方法です。ほとんどの通信会社が情報を提供していますのでそれを利用する方法です。あと一つは無料のwifiスポットを探してくれるアプリをインストールすることです。最近は幾つか出ていますのでそれらを利用して見つけることができます。